株式会社 東山堂 > 東山堂ブランド > 代表者のご挨拶
常に人々に喜ばれ続けるために

常に人々に喜ばれる企業でありつづける。近江商人の「三方よし」の教えは、「売り手よし、買い手よし、世間よし」という売り手と買い手が満足することで社会が幸福になっていくという素晴らしいものです。しかし近年の経営は自己利益ばかり追求するこことが増えました。教えの中で近江商人は営利至上主義を厳しく諌め、「利真於勤」「陰徳善事」の教えの中で、商いの利益はその職務に精進した結果の「ご褒美」であり利益を目的としてはならないと説き、世の為、人の為に尽くし社会的な責任を果たすことこそ経営の目的であると断言しています。わたくしは、東山堂と共にこれからもこの先達の教えを守り、武道界の未来のために歩んでまいります。

1958年生まれ。 大学卒業後に単身海外へ 帰国後に大手情報会社へ入社。 1989年 株式会社東山堂を設立。 2008年 「武(HOKODOME)」を社章として商標登録。 2009年 真言宗高野山にて得度 (法名 宝極) 2010年 純国産武道具の製造と普及のために新会社を岩手県に設立。日本古来の技術と伝承と若手職人育成を行っている。 現在、日本国内をはじめ世界70カ国以上に販売。
武道具業界に対するキッカケ

『日本の文化をひろめたい』 幼少より長崎という異国文化が行き交う場所で育った私にとって、自分のルーツである日本文化は特に際立った存在であり、月日を重ねるほど大きいものとなっていきました。その志はイタリアの剣道チームの通訳をしたことから大きく動き出します。通訳として過ごした数日の間、剣道に真摯に取り組む彼らにはとても感動しました。当時、海外での競技人口も少なく、稽古をするにも十分な設備も整っていない彼ら剣道家は大変厳しい環境に置かれていたと思います。現在のようにインターネットなどない時代で、海外の剣道家は防具を簡単に入手できなかったのです。仮に海外で入手できたとしても日本の数倍の価格で、経済的な負担は大変なものだというのです。それでもひたむきに日本の武道を学ぼうという姿は、私の心に今でも深く残っています。『彼らの手助けになることができないだろうか』これが東山堂をはじめるキッカケでした。

代表取締役 木村隆彦と広報 木村真里子

メーカーの目指すべきモノづくり

わたくしは閃きが多いタイプです。「何かをしたい」「どうにかしたい」という気持ちがあることを大事にしています。それこそがメーカーの持っているべきものではないでしょうか。その気持ちがあるからこそ「どうすれば実現できるのか」と模索するわけです。武道具メーカーとして、武道具界が今後も発展していくために今「何ができるのか」「どうしたいのか」という気持ちをはっきりし、ものづくりに反映していきたいと考えています。

武道具業界の発展のために

東山堂が武道具販売を行うことで、武道具界発展に繋がればと考え、東山堂における販売商品品質、販売方法、職人の保護、物流整備、販売イベントなどあらゆる形で企業努力を傾けてまいりました。しかし、まだまだ至らない点が多々あることも認識しております。お客様ひとりひとりの声に可能な限り耳を傾け、スタッフ一同取り組んでまいりたいと思います。そのためにはぜひ皆さまのお引き立てをいただければ幸いでございます。

ぜひ東山堂にお越しください

京都にお越しの際は、ぜひ一度東山堂に足をお運びください、とわたくしはいつも思っています。そしてわたくしども東山堂がどのようなものなのか見ていただきたいのです。良い評価を得られるだけとは考えておりません。お叱りの声を頂戴することもあるかと思います。ですが、そのこともまた武道具界の発展に繋がることだと信じておりますので、ぜひ一度お立ち寄りください。スタッフ一同心からお待ちしております。

株式会社 東山堂 > 東山堂ブランド > 代表者のご挨拶